ABの作り方 退魔編 - Dirty Deeds Done Dirt Cheap
FC2ブログ
        

ABの作り方 退魔編

2017/ 02/ 19
                 
②退魔型

ジュデックスやアドラムスを駆使して戦うAB。支援スキルも取ってPTでは殲滅と支援と両方で
活躍できるハイブリッドタイプ。かつての退魔といったら、威力微妙のホーリーライト以外は不死悪魔にしか通用しないMEやTUしかスキルが無く、行ける場所も限られていたが、ジュデックスとアドラムスの登場により行ける範囲が
広がった。

ステータスはINT120 DEX120をベースにAGIとVITに振る。青ジェムを持てるようにSTRにも多少振ると便利。
とことんまで威力を追求したい人はINT130まで振ろう。

ワイアドラのステ振り

0219


転生2次までのスキル振りは支援ABと同じ振り方でもよい。こだわる人はMEも取ってみよう。


退魔ABと言っても明確に区分があるわけではないので、便宜上以下のように分けてみる。


1.ジュデックス5を取ったジュデ型

2.アドラAB(審判セット型)

3.アドラAB(裁きセット型)



○ジュデ型
ジュデ型はジュデックス5で止めて他は支援スキルに振る、やや支援よりの型。

ジュデックスの連打力を上げるためにASPDを高めることが多い。獄マガレCがあれば世界が変わるらしい。
支援もやりつつソロMD回しもやりたいという人にはオススメ。


○アドラAB(審判セット型)
審判セット(+7以上の審判のメイスⅡ、審判のローブ、審判のショール、審判の靴)を装備して、アドラムスの威力を上げるタイプ。かつてのアドラABといったらこの型。

一撃必殺にまで威力を高めたアドラムスを駆使して、終盤のナイトメア系の狩場でもソロで行くことができる。

審判セットは取引不可のモーラコインを集める必要があるので、露店で+7の完成品を買って揃えるのがいい。

高DEXのステータスから放たれる高速詠唱のアドラムスは、その短いディレイから連打も出来るためタイマン能力は高い。

が、頭と盾、アクセサリー以外が固定されてしまい装甲に難あり。頭と靴でライオットセット、またはダークハンドセットで硬くすると、ソロでも生存率が上がる。

スキル振りで最終的にエウカリスティカまで取ると、不死闇属性に対するダメージの底上げになるが、そこまで取ってしまうと支援スキルがほとんど取れなくなってしまうため玄人向け。

スキル振り一例

0219-2



○アドラAB(裁きセット型)
裁きセット(+5、+7の裁きの靴と+7、+9ホーリーステッキ)を装備するタイプ。裁きの靴はらぐ缶限定装備。

産出量が少なく、さらに威力を最大限に高めるには過剰精錬が必要なので現状揃えるにはお金がかかる。

単品でのセット効果もさることながらラウダアグヌス、ラウダラムス、クリアランスを取ることでさらにアドラの威力が上がるため、この3種を取ることはほぼ必須である。

高威力のアドラと支援スキルを両立させるスーパーハイブリット型で、アドラABの終着点

肩や身体の装備が自由で耐性を取りやすいのも強み。

スキル振り一例

0219-3


○レベル帯ごとの狩場

100~110
ジュデックスを取ってニブルやMD回し


110~140
侵攻されたプロンテラでわかめ狩り
MD回し
ポートマラヤの病院1F
ピラ地下ナイトメア(130↑審判Ⅱセット装備時)

140~150
ビオモル
侵攻されたプロンテラでわかめ狩り
ポートマラヤの病院2F

150~165
ビオモル、要塞
GHMDH(ソロ)
時計塔ナイトメア


○時計塔ナイトメア

アドラABの最終狩場。

2Fはビックベンにオラティオ⇒アドラ1確。青ジェムを落とすので滞在時間長い。
エルニウムで小銭稼ぎ、カードも高値で売れる。

1確にはビックベンとネオパンクのセット装備が必要。ビックベンを狩るのにビックベンCが必要という
ある意味矛盾。しかし時給も出て収集品も美味しい狩場。
魔法ダメージアップ装備で固め、レベルが上がりアドラのダメージが上がるとオラティオ無しでも
1確できる。

3Fはビックベルにオラティオ⇒アドラ1確。魔法ダメージアップ装備で固め、レベルが上がりアドラのダメージが上がるとオラティオ無しでも
1確できる。オリデオコンやクリップがよく出る。
アドラABで最高時給を出すならここ。

4Fソロはハードルが高いが、ワンチャン影杖やカードが出たら美味しい。


○アドラABでソロMD
・魔法大会
・フェンリルとサラ(サラの幻影)
・TWO
・ビジョウ
・GHMD
・ジターバグ
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント